若者のための就職支援プログラム-ホンキの就職-

①メッセージ

ホンキで成長したいなら、ホンキの仲間がいる場所で。

働くことで、社会とつながり、人生は豊かになる。
すべての若者たちが、イキイキと働ける社会になっていく。
これが、わたしたちが目指す世界観です。

「ホンキの就職」は、就職に苦戦している
すべての若者を対象とした、無料の就職応援プログラム。
長年に渡って、多くの求人・採用に深く携わってきた
私たちリクルートの知見を、明日からすぐに実践できる形で
提供し、応援します。

1日集中型の「1Dayセミナー」。
計4日間のワークを実施する「4Daysグループワーク」。
いずれも、参加者同士のグループワーク中心の
実践型プログラムです。

あなたと同じく内定獲得を
ホンキで目指す人たちが集まる場所。
同じものを目指しているから、同じように悩むことがある。
お互いの気持ちがわかるから、
お互いに熱をもってアドバイスしあえる。
そして、隣の仲間の成長を感じた時、
自分自身も必ず成長しています。
お互いがお互いの役に立とうする。それこそが、働く、
つまり社会の役に立とうとするあなた自身の大きな一歩。
その一歩が、大きな自信になっているはずです。

ホンキの仲間の、ホンキが満ちている空間。
あなたのホンキを持ってきてください。

①ホンキの就職とは?

「就職活動に自身がない」「行き詰まりを感じている」すべての若者へ。参加費無料の就職応援プログラム。

ホンキで成長したいなら、ホンキの仲間がいる場所で。

  • 01視野を広げよう。特定の職種への応募にこだわりすぎではないですか。 ホンキの自己診断

    自分でも気づいていない、自分の得意なことや可能性を発見。仕事選びの視野を広げます。

  • 02難易度を知ろう。2~3社への応募だけで自信をなくしていませんか。 ホンキの業種・職種理解

    意外と知らない業界や職種に就くための難易度、正しい知識を身につけ、必要なアクションプランを検討します。

  • 03面接の苦手意識を克服しよう。面接になると、自分のことを話せなくなっていませんか。 ホンキの面接練習

    実践型の面接練習で、本番でも自分を伝えるコツをつかみます。

自分を知り、仕事を知り、面接のコツを知る。全部わかると、自信が生まれる。

④1Dayセミナー

座学&実践。自己PRと面接に特化した3 時間。

自分の就職活動の課題発見から面接練習まで、3時間のセミナーで実施します。面接練習では、面接を受ける応募者役、企業側の面接担当者役、面接風景を客観的にみる観察者役も体感。「企業が求める人材」を、新しい視点から理解し、面接における効果的な伝え方を身につけます。

  • 参加対象者
  • 既卒者、新卒者(卒業後未就業)、学生、フリーターの方で
    社員への就職・転職を目指して活動している方

TIME TABLE座学と実践練習を組み合わせ、自己PRと面接に特化した3時間。

  • “自己診断シート”で自分自身の就職活動を客観的に振り返り、就職活動でよくある3つの課題とその解決方針を学びます。

  • 面接ロールプレイで面接における課題点を発見し、面接における『話し方』と『話す内容』をブラッシュアップします。

  • プログラムで学んだことを、再度、面接ロールプレイで実践することで、面接に対する自信を身につけます。

③4Daysグループワーク

参加後3ヶ月以内に、3人に2人が内定獲得に成功。

1日3.5時間のグループワーク中心の実践型プログラムです。2週間以内に全4日程を実施することで、短期間での内定獲得を目標としています。グループワークでの実践を交えながら、仲間と知識と力を高め合い、1日1社を目標に主体的な応募活動を起こす行動力と自信を養っていきます。

  • 参加対象者
  • 社員への就職・転職を目指して活動している既卒者、社会人、フリーター、学生の方で、
    全4日程の参加が可能、かつ、3ヶ月以内の内定を目指し積極的な応募活動をする意思のある方

TIME TABLE3.5 時間×4 日間で、就職活動の基本から応用まで幅広く「力」を身につけます。

  • まずはファシリテーターと受講者同士の関係構築。共にプログラムをやり切っていく仲間たちと、プログラムの目的を共有します。

  • 自分の得意なことは何か。得意なことを活かせる仕事は何か。
    ”可能性発見ツール”で、仕事への興味・関心を深めて広げます。

  • 就職マーケットの現状を正しく認識。「就きやすい仕事」、「就きにくい仕事」を理解し、中長期的な視点での就職活動を考えます。

  • 1日目のプログラムの振り返り。
    お互いの意見や感想を交換し、目的が達成できたか確認します。

  • 宿題の「1日1社の応募活動」の状況・結果の共有。また、1分間スピーチで「伝えること」を体感し、「話し方」を練習。

  • 「就職」とは何かを理解。応募者と企業とのマッチングという視点から、得意を活かせる「就きやすい仕事」を軸に、まずは行動することの大事さを学びます。

  • 自分の強みを発見して「接点」を意識した「自己PR」を作成。面接を「企業と求職者、相互のコミュニケーションの機会」と捉え直し、自己PRの作り方を学びます。

  • 2日目のプログラムの振り返り。
    お互いの意見や感想を交換し、目的が達成できたか確認します。

  • 宿題の「1日1社の応募活動」の状況・結果の共有。また、1分間スピーチで「伝えること」を体感し、「話し方」を練習。

  • 自己PRを伝える。
    参加者同士での面接ロールプレイングで自己PRを実践し、改善点を見つけます。

  • 実践形式で自己PRを伝える。
    面接練習1での改善点を意識し、話す内容・話し方による相手への伝わり方の違いを学びます。

  • 2日目のプログラムの振り返り。
    お互いの意見や感想を交換し、目的が達成できたか確認します。

  • 宿題の「1日1社の応募活動」の状況・結果の共有。また、1分間スピーチで「伝えること」を体感し、「話し方」を練習。

  • 実践形式で志望動機を伝える。
    志望動機で「何をどのように話せば、どう伝わるのか」を学びます。

  • 実践形式で自己PR・志望動機を伝える。
    実践形式のロールプレイを通じて、本番でも自分のことを伝えられるようになることを目指します。

  • 4日間を振り返り、今後に向けての具体的な目標を設定。

TOP